\帰ってきた!/
鶏の卵が孵化するまで48時間観察

2019年2月22日(金)17時から、24日17時まで
長野県の信州大学農学部から『鶏の卵』が孵化する様子を48時間生中継します。



今回は信州大学農学部の鏡味教授の研究室にご協力いただき
卵の上部分をカットし、中身がまる見えの状態で成長過程を観察いたします!





⇒スマートフォンからの卵さんにメッセージ送付はこちら



ニワトリの孵化

鏡味教授の研究室では「幹細胞」を使った動物発生遺伝子研究を行っています。
研究で使用している卵の上部分をカットし下記の写真のように「卵の中の変化」を鮮明に観察することができる方法を
今回の放送では活用しています。

ニワトリの卵の発生過程
①地上に産卵直後の胚


②発生途中の胚


③発生が進み体が鮮明に見える



協力



信州大学 農学部 ホームページ


鏡味 裕 教授
(信州大学学術研究院農学系・動物発生遺伝学研究)