お知らせの最近のブログ記事

メンテナンスのお知らせ(2018/10/11)

いつもニコニ立体をご利用いただきありがとうございます。
下記の時間帯においてメンテナンスを実施いたします。

■日時
2018/10/11(木) 1:30〜8:30
※作業終了時間は前後することがあります。ご了承ください。

■影響範囲
すべてのページにアクセスすることができません。
ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

いつもニコニ立体をご利用いただきありがとうございます。

本日より、IVRの3Dキャラメイクツール「Vカツ」で作成したキャラクターを、VRM形式でニコニ立体に投稿できるようになりました。
http://vkatsu.jp/

投稿したキャラクターを、バーチャルキャストでインポートして楽しむことができます。
https://virtualcast.jp/


※「Vカツ」は無料でダウンロードできますが、VRM出力には、「キャラクターチケット」購入(\5,000(税込))が必要です。 詳細はVカツ公式サイトをご覧ください。
※「バーチャルキャスト」とは、バーチャルキャラクターになってVR空間のスタジオをリアルタイムでコミュニケーションできるVRライブ・コミュニケーションサービスです。

今後ともニコニ立体をよろしくお願いいたします。

メンテナンスのお知らせ(2018/08/23)

いつもニコニ立体をご利用いただきありがとうございます。
下記の時間帯においてメンテナンスを実施いたします。

■日時
2018/8/23(木) 1:30〜8:30
※作業終了時間は前後することがあります。ご了承ください。

■影響範囲
すべてのページにアクセスすることができません。
ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

いつもニコニ立体をご利用いただきありがとうございます。

本日よりニコニ立体に投稿されたVRMモデル作品を、「バーチャルキャスト」上で利用できるようになりました。

(投稿者の許可なしに勝手に利用されることはありません。許可設定の方法については、こちらをご確認ください。)

バーチャルキャスト」とは、
バーチャルキャラクターになってVR空間のスタジオをリアルタイムでコミュニケーションできるVRライブ・コミュニケーションサービスです。

詳しくは、
株式会社インフィニットループ技術ブログ
なりたいあなたになれる!バーチャルキャストで VRM モデルのインポートが可能に!
をご確認ください。

今後ともニコニ立体をよろしくお願いいたします。

いつもニコニ立体をご利用いただきありがとうございます。

先日対応した「バーチャルキャスト連携許可」機能について、
許可設定されたモデルには、「【バーチャルキャスト連携許可】」のタグが自動で設定されるようになりました。

許可している.png

こちらから、バーチャルキャスト連携許可された作品の一覧を表示することもできます。

今後ともニコニ立体をよろしくお願いいたします。

【2018.04.20追記】 バーチャルキャスト側での連携対応が完了しました

いつもニコニ立体をご利用いただきありがとうございます。

本日よりニコニ立体では次の機能が利用できるようになりました。

■ VRM形式対応

VRMとは、VR向けのオープンな3Dモデルデータ形式です。
ファイル一つで様々なアプリケーションでモデルを利用できる次世代データ形式です。

なお、現在、VRM形式のモデルはスクリーンショットの自動撮影に
対応しておりませんので、投稿後に手動で撮影をお願いします。

http://qa.nicovideo.jp/faq/show/10763

■ バーチャルキャスト連携許可 対応

VRM形式のモデルを、「バーチャルキャスト」上で利用することを許可できる機能を追加しました。

投稿したモデルを、バーチャルキャスト上で利用することを許可するには、
作品編集ページの「外部アプリ連携」欄内「バーチャルキャストでの利用を許可する」
チェックボックスをオンにしてください。

ここで許可いただいたモデルは、バーチャルキャスト側で連携対応完了後(近日対応予定)ご利用頂けるようになります。

(投稿者の許可なしに勝手に利用されることはありません。)

middle.jpg
ニコニコ超会議2016 ニコニ立体写真館
2016年4月29日〜30日に開催されるニコニコ超会議2016 ニコニ立体写真館では、ユーザMMDモデルを募集致しました。

たくさんのご応募をいただいた中から、15キャラクターを採用させていただきました。

採用結果は 超会議特設ページ をご確認ください。



採用させていただいた作品の中から、ニコニ立体上で公開している作品をご紹介いたします。
 




























ニコニコ超会議2016では是非「ニコニ立体写真館」ブースにお立ち寄りください!
よろしくお願いいたします!

middle.jpg
ニコニコ超会議2016 ニコニ立体写真館
2016年4月29日〜30日に開催されるニコニコ超会議2016において、
3Dモデルと記念写真を撮ることができる「ニコニ立体写真館」ブースでは、
今年もユーザーMMDモデルを大募集します!


ニコニ立体写真館とは?

最新のVR技術を用いてniconicoでお馴染みの3D・MMDモデルと記念撮影ができるブースです。
モーションキャプチャー装置を装着したスタッフと画面中のキャラクターがリアルタイムに連動し、
様々なポーズでキャラクターとの撮影が可能です。


photo.jpg

ユーザーMMDモデル大募集
有名MMDモデルだけじゃない!
あなたが作ったMMDモデルを写真館に登場させよう!
ニコニ立体にMMDモデルを投稿し、作品編集ページから応募する
ことで、ニコニ立体写真館で一緒に記念撮影ができるキャラクター
にあなたのMMDモデルが登場します。
あなたが考えたオリジナルモデルの他に、
東方Projectの二次創作モデルも応募可能です!


応募方法
MMDモデルを「フルスクラッチ作品」として投稿し、
作品編集ページ下部にある「ニコニ立体写真館に応募する」
チェックボックスをオンにして公開してください。
過去に投稿したMMDモデルも同様に応募が可能です。


応募期間
2016年3月1日 ~ 2016年4月10日 まで


注意事項

  • ご応募いただいたすべてのMMDモデルが採用されるわけではありません。
  • 採用されたMMDモデルは4月20日にニコニ立体 お知らせブログにて発表予定です。
  • 正しくボーンが設定されたPMDまたはPMX形式の人型MMDモデルに限ります。
  • 東方Projectの二次創作モデルは、原作のデザインに準拠したものに限ります。
    二次創作が出典のアレンジ衣装などはご応募いただけません。
  • 応募作品の取り扱いは「ニコニ立体 利用規約」に準ずるものとします。
  • 超会議2015で採用されたMMDモデルについてもご応募いただけます。

是非ふるってご応募ください!


いつもニコニ立体をご利用いただきありがとうございます。

β版として提供させていただきましたWebGLプレイヤーにつきまして、
本日正式版を公開いたしました。

MMD形式における半透明描画の不具合や物理演算の挙動の不具合、
各種形式におけるエフェクトやライトのUnityプレイヤーとの差異が解消されました。

今後はWebGLプレイヤーを標準のプレイヤーとし、
Unityプレイヤーは段階的に廃止する予定です。

今後ともニコニ立体をよろしくお願いいたします。

いつもニコニ立体をご利用いただきありがとうございます。

本日よりWebGLプレイヤー(β)が法線マップに対応しました。
OBJならびにMQO形式のランタイムモデルで利用が可能となりました。
現在WebGLプレイヤー(β)でのご提供となっておりますが、
近日Unityプレイヤーの対応も予定しております。

今後ともニコニ立体をよろしくお願いいたします。