11月20日、ニコ割アンケートでニコニコユーザーの皆さんにも参加して頂いた
ネット流行語大賞2011』の総合結果が発表されました。

ネットサービスを展開する各社で実行委員会を組み、合同アンケートを実施しました。
その総合結果で見事金賞に輝いたのは、
『ポポポポ~ン』となりました。

(なお、ニコニコ動画単体でのアンケート結果も、『ポポポポ~ン』がトップでした。)

【ネット流行語大賞2011 合同投票結果】

金賞 ポポポポ~ン
銀賞 なでしこJAPAN
銅賞 僕と契約して、◯◯になってよ!
4位 マル・マル・モリ・モリ
5位 ヤシマ作戦
6位 いいね!
7位 #edano_nero(枝野、寝ろ)
8位 ダァシエリイェス!!
9位 ブヒる
10位(ポイント同数10位) アナロ熊
10位(ポイント同数10位) スカスカおせち
10位(ポイント同数10位) まんべくん


【用語解説】()内はニコニコ動画アンケート得票数

●1位 ポポポポーン  (40326票) 関連タグ
ACジャパン「あいさつの魔法。」CM内に出てくるワード。ニコニコ動画やニコニコ実況などでは、通称「ポポポポ~ン(ポポポポーン)」と呼ばれており、タグの動画投稿数は千件以上となっている。

●2位 なでしこジャパン (6202票) 関連タグ
主にニコニコ動画内におけるニコニコ実況などでの実況コメント(テレビを見ながらコメントを打つ行動)にて、優勝時は2分ほど画面がコメントで埋まり描画がしきれないほどだった。

●3位 僕と契約して、○○になってよ! (33201票) 関連チャンネル 関連タグ
元ネタとなったアニメ自体のブームと合わせての流行をみせた。6月に行われた第一回日台同時一挙放送では視聴者が約100万人(総コメント数186万)、10月に行われた第二回一挙放送も81万人が視聴するなどの記録を打ち立てた。

●4位 マル・マル・モリ・モリ (5468票) 関連タグ
ニコニコ動画では振り付けを踊ってみた・躍らせてみたもの、歌ってみたなどの「やってみた」系動画が盛り上がるなどの現象を見せた。中にはドラムを叩いているものや、自作の手書きアニメーションを付けたものも。

●5位 ヤシマ作戦 (4367票)
Twitter上では節電を呼び掛ける為に有志が非公式節電キャンペーンとして「ヤシマ作戦」と呼称して協力を募った。

●6位 いいね! (2093票)
SNS(ソーシャルネットワーキング・サービス)のボタン。コメントや画像に対し、ワンクリックで賛意や好意を示すことができる。ニコニコ動画に投稿された動画や放送されている生放送もいいね!(Facebook)、+1(Google+)、つぶやき(twitter)をすることが可能。

●7位 枝野、寝ろ (2069票) 関連タグ
何かあると昼夜問わず時間を置かずに直ぐに記者会見壇上に立ち、発生した事態を分かりやすく国民に説明しようとする枝野長官の姿勢に感銘を受けた会見視聴者が次第に増え、いつしかTwitter経由で「#edano_nero(枝野寝ろ)」を付けるなどその応援の声が登場した。震災直後にNHKのサイマル放送を行っていたニコニコ動画(ニコニコ生放送)では、枝野官房長官が記者会見場に立つ度に「枝野寝ろ」コメントが流れるなどのコメントのお約束となっていた。

●8位 ダァシエリイェス!! (4074票) 関連キーワード
京急の『ドア、閉まります。』という言葉の発音を文字で表現化したもの。京急電鉄はその特異性からネット上及びニコニコ動画内でファンが多く、京急キーワードの付いている動画数だけで約4千件(3917件)ほどが存在する。KQクオリティ(『あらゆる意味で、他社とは異なっている』京急独自の職人芸的ダイヤ・入換・その他がよくわかる動画)、逝っとけダイヤ(行先・種別が突如変更となる)などのタグが付与されている。

●9位 ブヒる (3029票) 関連チャンネル
アニメ「IS〈インフィニット・ストラトス〉」の放送後に(主に)流行した。「萌える」との厳密な区別はないが、特に視聴者を萌えさせることを強く意識した(平たく言えば「あからさまに狙った」「媚びた」)描写に反応するような場合に使われる。
※インフィニット・ストラトス第一話はニコニコ動画で5万再生されるなどの人気アニメ

●10位 アナロ熊 (3689票) 関連タグ
地デジカに対抗して作られたキャラクターで、誕生直後の2009年4月~5月に掛けて大きなムーブメントとなった。当時に投稿された動画のうち「アナロ熊のうたにアニメつけてみた」は56万再生、「アナロ熊のうた」は46万再生されるなどした。2011年7月24日には「アナログ放送終了。アナロ熊、最後の挨拶。[実写合成]」なる動画が投稿され、12万再生がなされている。

●10位 スカスカおせち (1418票) 関連タグ
今年1/2にはバードカフェの「謹製おせち」を実際に自分で作成して投稿するユーザーが現れ、動画が31万再生されるなどした。また、おせち騒動解説動画の上位二つは前者が17万、後者は11万再生を突破。年初のネットユーザーに話題を提供するなどした。

●10位 まんべくん (1005票) 関連タグ
Twitterでの毒舌ぶりや自由奔放さが人気を博したがその舌禍に伴いtwitterアカウントは消滅した。ニコニコ動画上にはユーザー作成のまんべくんオリジナル曲が投稿され、「星になったまんべくん」は3万再生されている。なお、元"まんべくんの中の人"は「ニコニコ超会議」広報キャラに就任し自由奔放につぶやき続けている。