最新記事

カテゴリーアーカイブ

月別アーカイブ

RDF 1.0

RSS 2.0

ATOM 1.0

ランキングなどについて

こんにちは。誤字の多い運営長です。

ひっそりやっていたはずの開発者ブログですが昨日のエントリの反響が大きく、予想していたとはいえ肯定的な意見も否定的な意見もたくさん頂きありがとうございます。

主におまけで付け加えたランキングのほうの話題についてのご意見が多かったわけですが、短期的、局所的にみると確かに今までできていたことができなくなったり、問題点があったりする可能性については否定できないと思っています。

ただランキングがニコニコの全てではなく、動画を見る、探す行程としてはいろいろな手段(わかりにくくなってはダメ)があるべきであり、そして面白いと感じる人の尺度は様々であるという様々な問題を解決していく必要があると考えています。そして運営視点からの反省点として、ユーザが増えて様々な動画が投稿されていく中で、動画を探す、見る手段の進化・新しい手法の提供がこれまで追いついてこなかったために、動画を探す上においてランキング依存度が高くなりすぎてしまったと考えています。

なので、今回の変更というのはニコニコ動画で動画を見る・探す機能を提供していく中での一部であり、できるだけ多くのニーズに対して答えられる環境整備をしていきたいと思っています。ちなみにSMILEVIDEOのインターフェースについてもこれまでほとんど手を加えてきませんでしたが、使い勝手の悪い部分があることを認識している点と、今後改善していく意思があることはここで明言しておきたいと思います。



さて、これまでのランキングについて感じていた問題点として、あまりにも時間の流れがはやく流行が一瞬で流れていくという点があったと思っています。人によってはコンテンツの進化スピードが速いと表現される方もいましたが、まさにそのとおりで、毎日見ていないと何が起きているのかわからなくなってしまうという問題がありました。

そういった問題を解決するためのひとつの手段としてニコニコ大百科というものが生まれ、現状では期待通りの成長をしていると思います。そして週に1回程度しかアクセスしないような人でも楽しめる内容にするために、ウィークリーのランキングというのは大切なんじゃないかと考えました。

ただそれだと「今見られている動画」というのがわからなくなってしまう。言うなれば今ニコニコ動画という場で何が起きているのかをリアルタイムで知る術がなくなってしまうと考えました。この問題を解決する手段としてホットリストというものを考えたわけです。

ホットリストに関しては実際皆さんご指摘の通り様々な問題が起きる可能性はあります。その点については問題がある部分には対処していく所存です。

ただ繰り返しになりますが、この変更で終わりのつもりはありません。先日からこのブログでお知らせしているカテゴリの見直しやタグの検索をはじめ、ニーズに合わせた動画を探す手段をもっと提供していきたいと思っています。究極的には自分のマイページをカスタマイズして自分にあった動画がそこから探せるようになったらいいんじゃないかと思っています。

例えば自分が参加しているコミュニティの中で友人、知人と動画を紹介しあうとかそういった機能もありえると思います。

とにもかくにも本音を言うと使う側の進化についていくのは大変なのですががんばりますので、たくさんの意見をお待ちしてます。その方法はニコニコ掲示板に書き込むでもいいし、mixiでもいいし、2chのような掲示板に書くでも良いし、その他自分のブログで書くでもいいです。すべての意見に目を通します!とは約束できないまでも(koizukaさんのはてブを中心に)できる限りは通すのでよろしくお願いします。

トラックバック ( 0 )

トラックバックURL:http://blog.nicovideo.jp/mt/mt-tb.cgi/1003