最新記事

カテゴリーアーカイブ

月別アーカイブ

RDF 1.0

RSS 2.0

ATOM 1.0

常時開放200万IDまでに増やしました

昨日は大変な混雑でご迷惑をおかけしました。

みなさんが入力いただいた性別や年代別の途中集計ですが、はじめてニコニコ動画をどんなひとがみているかが、(われわれにだけ)明らかになりました。今後の広告営業に役立たせていただきたいと思います。

集計結果についてはみなさんにも公開したいと思ってはいますが、世の中の理にならい、われわれの都合のいい部分だけをわれわれの都合のいいタイミングで発表する予定ですのでご期待ください。

なお、本日、夏のニコニコ動画サーバ大増強祭りのフィナーレが終了いたしました。これにともない24時間開放IDを30万増やし、200万IDまでとしました。これでだいたい1ヶ月前までにご入会いただいた全員が24時間ご利用いただけるようになります。今後もできるだけこのペースを維持していきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

今回のサーバ大増強により、9月末まではみなさんには概ね平穏なサービスを提供できる予定です。しかしながら、みなさんに喜んでいただきたい新機能を投入する計画がいくつかございますので、その際にまた混乱が発生することもありますが、その際には暖かく寛大な心でご了承いただけるようにお願いいたします。

また、いつもなにか事件が起こって、ネット界をお騒がせしているニコニコ動画ですが、ニコニコ動画で公開していない部分の仕様変更について、運営の立場から若干説明したいと思います。

われわれはニコニコ動画を動画とコメントを一緒になって楽しむサービスとして設計しています。コメントにふくまれる情報だけじゃなく、コメントがいくつもあわさってつくりだされる感情や雰囲気をひとつの作品として楽しんでいただきたいと思っています。それが素敵なものだったとしたら、それでいいじゃないですか。

つまり、いいたいのは、野暮なことはいうな、ということです。

ニコニコ動画には1日に5000本以上の動画がみなさんの手でアップロードされています。アップロードするひとは5000本の中から自分の動画を他のひとに見てもらうためだけに、自分には何のとくにもならないのに、それぞれの趣向をこらした技を披露しています。

ニコニコ動画のシステムはまだ完成されたものとはいえませんが、基本的にはすべての動画は同じ条件でみなさんに提供されています。そのシステムの中では、できるだけ自由にいろいろな演出を考えていただきたいと思います。

まだできてから1年たっていないのに、いままでこの世にはなかった文化をニコニコ動画はつくりましたし、いまもまだそれは進化しつづけています。そして、その進化の可能性をできるだけ広げるのが運営の方針です。

まあ、簡単に一行でまとめると、ニコニコ動画はコミュニケーションをしたいひとが集まってるんだから、たぶんコミュニケーションしたくないから過疎化しつつある世界の住民にとどまることを選択したんだろうひとたちのいうことなんて気にするのはやめましょう。ということですね。

トラックバック ( 0 )

トラックバックURL:http://blog.nicovideo.jp/mt/mt-tb.cgi/421