最新記事

カテゴリーアーカイブ

月別アーカイブ

RDF 1.0

RSS 2.0

ATOM 1.0

ひとりごとシリーズ【1】

おはようございます。今日は12:00~メンテナンスの予定です。詳しくはコチラ
というわけで早速ひとりごとです。
お知らせというより個人的主観が入ったいわゆるブログです。

本当はもうちょっとはやく書きたかったんですが、第一回は動画の削除とかアップロード禁止、あるいはアカウント停止について掲示板やユーザの皆さんのブログで話題になってるようなのでそのことについて触れたいと思います。

まず主にアップロード禁止なんですが、これはある一定期間に一定数以上管理者によって動画が削除された人が対象になってます。ここで具体的な数字を書かないのにはいくつか理由があって、ひとつは具体的にルールを公表してしまうとその境界線ぎりぎりを狙ってくる人が現れるであろうこと、もうひとつはこの値は状況に応じて変動する可能性が高いことがあげられます。

ちなみにこれまでの例だとあまりに目にあまる場合は即座にアップロード禁止あるいはアカウント停止措置をする場合もあります。

この辺についてはユーザさんの意見も取り入れつつ、削除依頼者の意見も取り入れつつ、実際の運用もしながら、事前警告なども含めてもっと効率的であり、効果的である仕組みを検討していたりします。

ということを踏まえた上でなんですが、例えば以下のような事例がありえます(あくまでも例です)。
  • タイトルAに関する作品と、タイトルBに関する作品を投稿しているユーザがいたとします。
  • タイトルAに関する作品は著作者から削除依頼があり運営側も依頼が正当と判断して動画が削除されました
  • タイトルBは非常に優秀な作品で高い評価をされていました
  • タイトルAに関する作品が一定期間内に一定数以上削除対象となっていたためこのユーザはアップロード禁止対象者になってしまいました
  • 結果としてタイトルBに関する作品も削除されてしまいました
このようなケースについてはたぶん賛否両論、様々な意見があるんじゃないかと思うんですが、正直前述のルール対象になっているユーザの皆さんひとりひとりのアップロードしている動画の内容について運営では判断できないですし、権利者からの依頼で削除しているというのも事実なわけです。削除しても削除しても同じ動画、あるいは関連する動画をアップロードするユーザに関してはアカウントを停止して欲しいという要望も当然あります。繰り返しになってしまいますが、そういったユーザのアップロードした他の動画に関してこれは問題無い、これは問題があるという判断は運営側ではできません。だから前述の条件に引っかかって悪質なユーザと判断されたアカウントになにかしらの制限が課せられた場合には一括してそのユーザのアップロードした動画が削除対象になってしまうということになってます。

ちょっと朝から書くには重い内容ですし、ちゃんとした説明をするとキリがなくなってしまうので一言でまとめてしまうと、
  • 運営側の判断のみではひとつひとつの動画について正しい判断をすることはできません(公序良俗などはちょっと別ですが)。
  • 削除対象になる動画を上げていた場合は、アップロード禁止等のペナルティを課せられる可能性があります。
  • 仮に権利的にまったく問題の無い動画でも道連れになって削除される可能性があります。
ということです。ちなみにこの辺のルールに関してはいろいろ検討中だったりします。現状だと事前警告が無いので、自分のアップロードした動画にはまったく問題が無いと思っていた場合でも、実は何かしら問題(なにかが映りこんでいた!等)があってあとでまとめて消された、となってしまう可能性もあるので。

というわけで今後も不定期にこんな感じの内容でひとりごとシリーズを続けていこうかと思っています。なお次回配信予定は未定です。ではでは。

トラックバック ( 0 )

トラックバックURL:http://blog.nicovideo.jp/mt/mt-tb.cgi/419